勉強よりも大切なこと(指導方法)

2016.8.30
ホーム > 指導方法
学ぶ態度クリップ

指導の時間になりました。「さぁ授業を始めるぞ!」熱意に満ち溢れた私の前には、やる気に満ち満ち、目を輝かせる生徒の姿が――、

ありません…。目を輝かせる云々の前に、姿がありません。もう時間なのに!

 

そうです。授業の時間になっても部屋に篭っているんです。別に私が嫌いなわけではないと思います(たぶん)。マイペースな子というのが存在するんです。残念ながら割と多く。

さてどうしましょう。みなさんはどうしますか?私は家庭教師です。勉強を教えますか?相手は中学生ですから、英語だったらアルファベットから、数学だったら正負の数から…。

そうじゃないんです。私は最初に「挨拶」を教えます。礼に始まり礼に終わる、日本人として、人として、教えて貰う立場の者として、然るべき態度というものがあります。「面倒だけどしょうがないから授業だけ受けるか…」、そういった態度では学力向上は望めません。教えてくれる存在に敬意を抱き「自らすすんで学ぼう」という意欲をもたなければ勉強は出来るようになりません。

 

礼の用は和を貴しとなす

 

「礼儀の役割は、人と人との関係を秩序だったものにする」という意味です。敬うべきだと分かっていても、礼儀によってこれを律しなければ、上手くいかないという論語の一節です。

人に会ったら「こんにちは」、教えてもらったら「ありがとうございます」。授業の態度にもメリハリが出来、生活にも応用が出来ますよね。挨拶をすることというのはいわば「常識」であり、社会生活を送る上で必須の能力です。

「教師」「先生」というものは「学校の勉強を教えること」が仕事でしょうか。私はそうではないと考えます。教える師として、先んじて生まれた者として、子どもたちをして社会的、精神的な独立をさせること、これが私たちの役割であると考えます。

まずは元気に挨拶を。勉強を教えるのはその後でいいんです。来週の宿題は時間になる前にしっかり勉強場所に降りてきて、元気に挨拶をすること!

まずは手本をば、

駄文を読んで頂き、ありがとうございます!

指導方法の最新ブログ

学習をサポート

プロ家庭教師のジャンプでは、経験豊富なジャンプのプロ家庭教師が生徒さんの受験対策をサポートしています。学校に行けなくなってしまった不登校の生徒さん、学習障害や知的障害などの障害を抱えた生徒さんの自宅学習もしっかりとサポート。未来への可能性を広げるために、いまできることをプロ家庭教師と一緒に取り組んでいきましょう!また、各種専門学校入試対策、公務員試験対策など資格取得のサポートも行っています。

ページのトップへ