五月病・ω・`)?(不登校)

2018.5.13
ホーム > 不登校
休みは危険クリップ

高校、中学に四月から入った子は新しい生徒さんたちと1ヶ月を過ごしたかと思います。この1ヶ月は友達が新しくできたり、緊張して学校の生活に慣れなきゃ、と精神的に悩んだ期間だと思います。

ゴールデンウィークのような長い休みが終わり、慣れたかどうかわからない時期に少し長めの休みがあることで、休み明けに学校に行きたくないな、と感じてしまう生徒さんをよく見ます。

実際に昨年指導していた生徒さんの話ですが、高校進学してゴールデンウィークを過ぎたあたりから学校へ登校するのを嫌がってしまったことがあります。しばらくは保護者の方が学校まで送り迎えをしてくださいましたが、そのうち学校まで送り届けたのに校舎の中にはいかずにそのまま学校の外で時間を潰してしまったということがありました。

1度学校を休んでしまうと、休んでも大丈夫じゃないかとか、もう学校に行くのがめんどくさいな、という気持ちの方が勝ってしまい、その後では学校で頑張ろうという気持ちが芽生えなくなってしまうケースが多くあります。

過去にはそのまま通信制の高校へと転入学をした生徒さんもいますが、悪いケースになると意欲的ではない時に、同じような境遇で学校を離れてフリーターなどをしている同年代の子から、楽しいこと、という名目で悪い誘いを受けてしまうこともあります。

その時に一緒に遊ぶとどうしても仲間意識が芽生えてしまい、同じ道を歩んでしまうことが多くあります。

そういった最悪のケースを常に考え、生徒さんにはそういう危険が待っているんだということを長期休みの前に少しお話しています。

不登校の最新ブログ

不登校サポート

不登校サポート

プロ家庭教師のジャンプではライセンスを取得した不登校訪問専門員を中心に、不登校の生徒さんの学習指導に取り組んでいます。学校への復学をはじめ、たくさんのご家庭において成果を上げています。

ページのトップへ