注意欠陥・多動性障害:ADHDの特性に合わせた指導法

注意欠陥・多動性障害ADHDの
特性に合わせた指導法

発達障害(ADHD)の生徒にも
毎日の学習がもっと楽しくなるような
指導を行っています。

ADHDとは ?

ADHD(注意欠陥・多動性障害)は、不注意、衝動性、多動性を症状とする行動に関する障害です。授業中など机に座ってじっとしていることが困難で、注意力を維持しにくく、時間感覚がずれていて、いくつかの情報をまとめて整理することが苦手です。多動性が少ない場合には注意欠陥障害(ADD)に分類されます。症状が軽度の場合、幼少期には周囲が気付かないことも多いです。

ADHDの特性

ADHDの生徒への指導

プロ家庭教師のジャンプの生徒にはADHD(注意欠陥・多動性障害)を抱えながら、不登校傾向、または不登校になっている生徒が数多くいます。そういった生徒に対する支援の一例を、事例を挙げてお話します。

ADHDを抱えている中学生の生徒の事例です。薬を服用しつつ勉学に励んでいたものの、その薬の副作用により体調を崩してしまいました。その影響で「やる気」が低下してしまい、学校を長く休んでしまいました。無理して頑張り過ぎてしまったこともあるでしょう。それから「学校に行きづらい」と感じるようになり、不登校になってしまいました。その後はご家庭と学校との密な連携のおかげでタッチ登校から特別支援学級への登校へとステップアップしていきましたが、以前までは普通学級にいたためか「今の自分が他人にどのように見られているのか」と人の目をひどく気にして、発達障害を持ち不登校である自分を卑下し、ありのままの自分を受け入れられない様子が顕著に見られました。

プロ家庭教師は指導の中で、その生徒が抱えている問題は「自分の悪い側面ばかりを見続けていること」だと考えました。そして、その支援策として「自分の良い面とできる面に目を向けるようにする」方法を取りました。ジャンプのプロ家庭教師が具体的に実践したのは以下の3つです。

  1. 指導をしていく中で、生徒ができたことを1つ1つ褒める。
  2. 他の生徒との比較ではなく、過去の自分と比較するようにする。
  3. できるようになった自分を褒めるようにする。

ネガティブ思考の生徒にとって「新しいものさし」を生徒に与えました。すると、徐々に今の自分を認め、落ち着きを取り戻し、自身がどのような人間なのか、今がどのような状況で何が必要なのか生徒が自分自身で整理をするようになりました。

発達障害に関わらず、人はできないことやネガティヴな事に目を向けがちですが、少し物事の見方を変えるだけで生きることが楽になり視界が開くことがあります。プロ家庭教師のジャンプではその新たな見方を提示するだけでなく、1人1人が抱える発達障害を理解した上で、個人に1番に適した指導・支援の仕方を考えていきます。また、生徒のことで悩まれるご家族の皆さまの相談も遠慮なくご相談ください。生徒にとって1番最適な環境は何か?を一緒に考えていきましょう。

ADHDの生徒と自宅学習:良い面に 目を向ける
ADHDの生徒と自宅学習:プロ家庭教師のジャンプ

ここからスタート

無料で体験する

学習で
何が変わるの?

発達障害の
学習ポイント

ここからスタート

無料で体験する資料請求する