発達障害:グレーゾーンに合わせた指導法

発達障害グレーゾーン
に合わせた指導法

グレーゾーンの生徒にも
毎日の学習がもっと楽しくなるような
指導を行っています。

グレーゾーンとは?

ASD、ADHD、LDなどに見られる発達障害の特性は感じられるものの、検査において基準値を満たしていないため発達障害と診断されない場合があります。そういった状態が「グレーゾーン」と呼ばれ、発達障害の予備軍とされていますが、「グレーゾーン」は正式な診断名ではありません。ただし、コミュニケーションが苦手、集中力を持続できない、読み書きが難しいといった特性は発達障害の生徒と同じようにあるため、発達障害の生徒と同様、傾向が悪化しないよう生活環境を整える努力が必要です。

グレーゾーンの特徴

グレーゾーンの生徒への指導

発達障害と診断されていないグレーゾーンの生徒でも、その多くがASD、ADHD、LDに近い特性を感じる生徒です。特性による不得意があることから、発達障害やグレーゾーンの生徒について「特性があるから勉強が苦手なのだろう」という先入観に縛られ、生徒の学習を諦めてしまうご家庭が多いことでしょう。

しかし本当に「特性があるから勉強が苦手」なのでしょうか?ジャンプではたくさんの生徒がプロ家庭教師による指導を受けて学習していますが、その多くがグレーゾーンを含む発達障害の特性を持つ生徒です。生徒によって得意・不得意は様々ですが、どの生徒にも共通していることがあります。それは、学習習慣をつけるコツや暗記のコツ、ケアレスミスを防ぐ方法やテスト対策の仕方、といった様々な学習方法をその生徒の特性やレベルに合わせて教えてもらったことがないということです。

  • つまずき始めからスモールステップで教え(インプット)、正しいトレーニング(アウトプット)をしてさえあげれば、どんな特性を持っていようと、偏差値も関係なく、その生徒なりに着実に出来ることが増えていく。
  • できることが増えて、それを認めてあげて、褒めて伸ばしていけば勉強することを前向きに考えられるようになる。
  • 前向きになれば学習習慣もついてくる。

これらは多くの指導実績からジャンプが実感していることです。もちろん、グレーゾーンとはいえ特性がある以上、何かが不得手であったり不器用であったりします。しかしプロ家庭教師が適切にアプローチすることで、本来は難しいとされている分野の学習も「できるようになった」という事例がたくさんあることも事実です。ジャンプでは、グレーゾーンの生徒1人1人に対し、3つのことをポイントに指導を行っています。

  1. 適切な指導方法
  2. 扱う問題レベルや指示の仕方
  3. 適切な量や反復メニュー

プロ家庭教師がその経験を活かして適切にアプローチすれば、いままでいくら生徒に厳しくしても塾に通わせてもうまくいかなかった学習が少しずつできるようになり、それが生徒の自信に繋がり、学習することに喜びを感じられるように変化していきます。

「勉強が苦手」と思ってしまうことの理由の多くは、学校や塾の集団授業での学習の遅れによるものです。集団の中で他者と比べられて「できていない」と評価されてしまう。そして自信を失い、学習意欲が低下してしまう。つまり原因は、自身の特性というよりも外的要因からくるものと考えることもできます。学力を上げていくためには、生徒本人が努力できるような、生徒が自分のペースで気持ちよく学習に取り込める学習環境を考えてあげることこそ、大切なことなのではないでしょうか。

非定型発達(発達障害、グレーゾーン)か定型発達かは関係なく、すべての生徒には得意・不得意分野があるものです。どんな生徒にもプロ家庭教師は生徒1人1人の傾向を捉え、適切な指導法を見極め指導していきます。ジャンプではグレーゾーンの生徒の可能性を拡げるために、診断には現れにくい学習の傾向や生徒の性格と向き合って、日々指導を行っています。

グレーゾーンの生徒と自宅学習:苦手が苦手じゃなくなる
グレーゾーンの生徒と自宅学習:プロ家庭教師のジャンプ

ここからスタート

無料で体験する

学習で
何が変わるの?

発達障害の
学習ポイント

ここからスタート

無料で体験する資料請求する