集中できない生徒さん①(指導方法)

2016.8.29
ホーム > 指導方法
集中力クリップ

まだ勉強に慣れていない小学校低学年の生徒さんなどは、イスに短時間しか座っていられなかったり、集中力がある瞬間に急に切れて、別のことに気持ちがいってしまうことがあります。ある生徒さんも、机の下にもぐってしまったり、突然まったく関係のない話をはじめてしまうことがありました。

このようなとき、ほかの生徒さんにも共通して、基本的には次の対応や対策をしています。

【1】楽しくわかりやすくリズムのある授業になるよう普段から心がける。【2】生徒さんがすこしでも頑張れたときにはたくさんほめる。【3】手の届くところに気が散る原因になりそうなものがあるときには、あらかじめ覆いをかぶせたり、別の場所に移動させる。【4】このままだと集中が切れてしまうなと思ったときには、いっそ先生のほうから話を始めてリフレッシュしてもらい、タイミングをみて「よしやろう!」と切り替える。【5】休憩をとる。【6】集中が切れてしまったときには、ある程度話を聞いて、よいタイミングで授業に切り替える。

そして、それらだけではなく、上記の生徒さんにはなにができるだろうかといろいろ考えて試みました。結果、意外な方法が一番効くことがわかりました。

次回、続きをお話ししたいと思います。

指導方法の最新ブログ

学習をサポート

プロ家庭教師のジャンプでは、経験豊富なジャンプのプロ家庭教師が生徒さんの受験対策をサポートしています。学校に行けなくなってしまった不登校の生徒さん、学習障害や知的障害などの障害を抱えた生徒さんの自宅学習もしっかりとサポート。未来への可能性を広げるために、いまできることをプロ家庭教師と一緒に取り組んでいきましょう!また、各種専門学校入試対策、公務員試験対策など資格取得のサポートも行っています。

ページのトップへ