検定の必要性(指導方法)

2016.8.15
ホーム > 指導方法
検定は必要?クリップ

漢字検定や英語検定など様々な検定がありますが、最近漢字検定の受験、勉強を勧めています。

その目的は受験の際、持っている資格欄に記入ができたり、普段の生活の中で漢字離れをさせたくない、という点からです。

まず中学受験をする生徒さんは、実際の入試と同じように問題用紙と解答用紙が別になったテストの体験が出来ることも良いことだと考えています。さらには、同じ読みで意味の違う漢字がたくさんあり、その漢字の使い分けをする際にどのような意味を持ってその漢字を使うのか、といういわゆる語彙能力を高める意味でも役立つと感じているからです。また、合格通知が届くことによって、結果が目に見える形となり自信へ繋がるものだと思っています。

一方で中学生の生徒さんに多いのですが、社会などの科目では人名や出来事に関し、漢字で書かなくてはならないテストがよくあります。せっかく答えがわかったのに漢字で書けない、という生徒さんが近年多く見受けられます。電子機器などを持つ生徒さんも増えている中でなおさら字を書く、ということから離れてしまい余計に漢字から離れてしまっています。この危機感を今後多くのご家庭に知っていてだけるように取り組みを広げていきたいと思っています。

指導方法の最新ブログ

学習をサポート

プロ家庭教師のジャンプでは、経験豊富なジャンプのプロ家庭教師が生徒さんの受験対策をサポートしています。学校に行けなくなってしまった不登校の生徒さん、学習障害や知的障害などの障害を抱えた生徒さんの自宅学習もしっかりとサポート。未来への可能性を広げるために、いまできることをプロ家庭教師と一緒に取り組んでいきましょう!また、各種専門学校入試対策、公務員試験対策など資格取得のサポートも行っています。

ページのトップへ