「10までのかず」(指導方法)

2016.8.15
ホーム > 指導方法
小学算数クリップ

「5までのかず」をやったあとは「10までのかず」を習います。「5までのかず」の時と同じように、読み方、書き順とすすめ、教科書の問題も、数が増えただけで「5までのかず」の時と同じような傾向のものです。

 

10という数字には0が含まれているため、0という数字についてもここで習うことになります。「0」の概念は奥深いものですが、ここでは、ひとつもないことを「れい」といい、「0」と書くと教えています。小学算数では0を「ゼロ」ではなく、一貫して「れい」と読ませるようです。「ゼロ」は英語の”zero”の日本語読みで、日本語においては「零」(れい)と読むのが本来だからでしょう。問題では、絵の欄に何も書かれていないものを0として、塗りつぶす丸の欄があっても何も塗らないのを正解としています。また、何もかかれていない絵と0を線でむすびつけるというものもあります。

 

ここまでが小学校で習う算数の最も初歩の単元といえます。ここまで出てきた数はすべて「個数」をあらわすものであり、次の「なんばんめ」という単元で初めて、数には「個数」のほかに「序数」をあらわす機能もあるということを学習します。

指導方法の最新ブログ

学習をサポート

プロ家庭教師のジャンプでは、経験豊富なジャンプのプロ家庭教師が生徒さんの受験対策をサポートしています。学校に行けなくなってしまった不登校の生徒さん、学習障害や知的障害などの障害を抱えた生徒さんの自宅学習もしっかりとサポート。未来への可能性を広げるために、いまできることをプロ家庭教師と一緒に取り組んでいきましょう!また、各種専門学校入試対策、公務員試験対策など資格取得のサポートも行っています。

ページのトップへ