ケース6:単位の換算が苦手な子供(指導方法)

2017.10.16
ホーム > 指導方法
具体物クリップ

小学生の指導をしていると、単位の換算が苦手な生徒さんが多いようです。例えば小学2年生の場合、この時期にはすでに長さの単位(m,cm,mm)と、かさの単位(L,dL,mL)を習っているはずです。このような単元で、「5dLは何mLでしょう?」といった問題の時に、どのように答えればいいのかわからず悩んでしまうようです。

私は単位に関する単元を教える時に、あるものを使って教えます。それは、単位換算表です。これは数字の部分をスライドすることで、小学校で習う単位の全てを換算できる表です。表の紙と厚紙とのり、はさみがあれば誰でも簡単に作ることができます。指導では、まず生徒さんと一緒にこの単位換算表を作ることから始めます。完成したものを渡すよりも、自分で作った方が大切に使うと思うからです。数字をスライドする部分を上手くのり付けできるかがポイントで、苦戦する生徒さんも少なくありません。でも、なんとか完成して「上手に作れたね」と声をかけると、みんなとても嬉しそうな表情をします。

単位換算表を作ったら、さっそく表を使いながら問題を解かせます。単位の換算が苦手な生徒さんも、表があるのでやってみようという気持ちになってくれます。この表を使って問題を解くことのメリットは、「アイテムがあることにより自信を持って解ける」「手を動かす作業をしながら解ける」ことだと思います。特に「手を動かす」という作業は物事を覚える上で重要です。例えば、英単語の意味を人から聞くよりも、自分で辞書を使って引いた方が実際に記憶に残りやすいのと同じです。単位の換算では、基本的に「具体物」を使わずに問題を解くことになります。そのため、1L=1000mL、1dL=100mLということを暗記していなければ問題は解けないので、覚えきれない生徒さんが苦手意識を持ってしまうのです。単位換算表という「具体物」を使うことにより、記憶に残りやすい方法で問題演習を行うことができます。何度も繰り返して演習し、生徒さんが「もう単位換算表がなくても解ける」と自信を持ってくれたら、その単元はバッチリです!

指導方法の最新ブログ

学習をサポート

プロ家庭教師のジャンプでは、経験豊富なジャンプのプロ家庭教師が生徒さんの受験対策をサポートしています。学校に行けなくなってしまった不登校の生徒さん、学習障害や知的障害などの障害を抱えた生徒さんの自宅学習もしっかりとサポート。未来への可能性を広げるために、いまできることをプロ家庭教師と一緒に取り組んでいきましょう!また、各種専門学校入試対策、公務員試験対策など資格取得のサポートも行っています。

ページのトップへ