生徒目線クリップマーク

ヒーローからのさくらんぼ?!(指導方法)

2016.7.15

この問題は、ヒーローが助けに来てくれるんだよね。あ、こうなるとさくらんぼができるぞ!これは小学1年生の授業の1コマです。皆さんは何の授業をしているか分かりますか?

正解は、【くりさがり引き算の筆算】です。54-16を筆算でやるとき、まずは4-6をやろうとしますが、そのままではできないので10の位から1を借りて14-6を計算するのが一般的です。しかし「1を借りてくる」という表現が子供には難しく、計算ができずに止まってしまうことがあります。

その時に現れるのが10の位のヒーローです。計算ができないときに、ヒーローが助けにきてくれるよ。そうすれば計算ができるね。これは前やったさくらんぼ算だ!10の位からヒーローが1人助けに行ってしまったから、10の位は1つ数が小さく なるね。こう伝えてあげるだけで、指導がスムーズに進み生徒の理解が深まりました。

伝え方1つで生徒に興味を持たせることができます。計算のやり方でもストーリーを作ってあげると頭に残りますし、テストでもこれを思い出しながら取り組んでくれました。

【前橋】のプロ家庭教師
YOUR BEST PRO TUTOR

必見! 発達障害ブログ

ここからスタート

無料で体験する資料請求する