「なかまさがし」、「かずをくらべてみよう」(指導方法)

2016.7.20
ホーム > 指導方法
小学算数クリップ

小学1年生の算数は「なかまさがし」から始まります。たとえば、絵の中に数種類の動物が数匹ずつえがかれていて、同じ種類の動物同士(リス、ウサギなど)を丸で囲む作業がはじめです。次に、絵の中の動物の数を数える問題があります。数を数えるといっても、まだ数字を習っていないのが前提なので、同じ数だけ○に色をぬりましょう、というような形で聞かれることが多いです。

「なかまさがし」の次にくるのが「かずをくらべてみよう」です。基本問題としてたとえば、上段に犬の絵が並んでいて下段に犬小屋の絵が並んでいて、多い方に丸をつけましょうという問題があります。ここでも数字はまだ習っていない前提なので、数を数えるというよりも絵を見比べて上と下どちらが多いかを判断することになります。「かずをくらべてみよう」の次の段階として、絵の中に数種類の動物や植物がいくつかえがかれていて、絵を見て多い方を答えましょう、という問題がでてきます。上段下段でえがかれていた基本問題とちがい、絵の中にランダムにえがかれているため、数字を習っていない子供にとっては数を比べることはなかなかむずかしいことです。ここでのコツとしては、比べるもの同士をひとつずつ線でむすぶというものがあります。先にむすぶものがなくなったものが少ない方というわけです。

大人にとってはあたり前のことでも、初めて習う子供にとっては未知の世界です。教える際には丁寧に段階を踏んでいくことはもちろんですが、できるだけ子供の視点に立って、子供が現時点で持っている知識をできるかぎりうまくいかして、新しいことへの理解につなげられるように、些細なことでも工夫をしてあげられるとよいですね。

指導方法の最新ブログ

学習をサポート

プロ家庭教師のジャンプでは、経験豊富なジャンプのプロ家庭教師が生徒さんの受験対策をサポートしています。学校に行けなくなってしまった不登校の生徒さん、学習障害や知的障害などの障害を抱えた生徒さんの自宅学習もしっかりとサポート。未来への可能性を広げるために、いまできることをプロ家庭教師と一緒に取り組んでいきましょう!また、各種専門学校入試対策、公務員試験対策など資格取得のサポートも行っています。

ページのトップへ