合言葉は(指導方法)

2016.10.23
ホーム > 指導方法
性格がクリップ

勉強を教えているとき、何か生徒に引っ掛かる言葉を探します。毎回ではないですが、考え方が間違えやすかったり、難しかったりする時には、基本的にキーワードのようなものを生徒に繰り返し言いながら授業をします。

以前担当していた中学1年生の男の子の授業での事です。正負の数を教えていました。その日は移項についての授業だったのですが、J君は移項をする時に符号を変え忘れていました。「移項をしたら符号は変えるんだよ」と教えていましたが、なかなか直りません。何か良い説明の仕方がないものかと考え、その時思いついたのは“性格が変わる”という説明です。

右辺…右の世界

左辺…左の世界

ということにして、「右の世界から左の世界に移動すると、性格が変わっちゃうんだよ!」という風に説明したところ、J君はその説明が気に入ったようで、「世界が変わると性格が変わる」と言いながら問題を解いてくれました。途中式で移項の間違いを見つけたときも

「J君、世界が変わると…?」

「性格が変わる!」

のように、二人の合言葉のようになり、しだいに移項で符号を変え忘れることはなくなりました。

もっと合言葉のレパートリーを増やしたいなぁ、と思う今日この頃です。

指導方法の最新ブログ

学習をサポート

プロ家庭教師のジャンプでは、経験豊富なジャンプのプロ家庭教師が生徒さんの受験対策をサポートしています。学校に行けなくなってしまった不登校の生徒さん、学習障害や知的障害などの障害を抱えた生徒さんの自宅学習もしっかりとサポート。未来への可能性を広げるために、いまできることをプロ家庭教師と一緒に取り組んでいきましょう!また、各種専門学校入試対策、公務員試験対策など資格取得のサポートも行っています。

ページのトップへ