自作のプリントで指導(指導方法)

2016.9.30
ホーム > 指導方法
興味を引くクリップ

今日は小学校低学年の生徒さんに対してどんなものを使って指導しているか、その一部をご紹介します。

それはひらがな・カタカナの練習用プリント。文字をただ単に書くだけでは楽しくありませんよね。そこで、練習用のマス目の書くべき対象の絵や写真(「はみがき」なら練り歯磨きの、「パトカー」ならパトカーの絵や写真、ということです)もつけてあります。

そんなのよくあるじゃないかって?確かにそうなんですが、題材の好みは生徒さんによって、自動車や昆虫、動物など様々。好みの題材だと張り切ってやってくれるので、生徒さんごとに新しいものを作ることになります。

板書練習用にまとまった文章の載ったプリントも用意するのですが、この題材についても同じことが言えます。使う文字も、ひらがなだけなのか、カタカナも含むのか、あるいは漢字は何年生のものまで使うか、ということも生徒さんごとに異なる可能性があるので、これも個別に作ったりします。

こうして自分の作ったプリントを使って生徒さんが頑張っているのを見ると、私もまた張り切って教材を作りたくなるものです。

この他のものについては、また別の機会に。

指導方法の最新ブログ

学習をサポート

プロ家庭教師のジャンプでは、経験豊富なジャンプのプロ家庭教師が生徒さんの受験対策をサポートしています。学校に行けなくなってしまった不登校の生徒さん、学習障害や知的障害などの障害を抱えた生徒さんの自宅学習もしっかりとサポート。未来への可能性を広げるために、いまできることをプロ家庭教師と一緒に取り組んでいきましょう!また、各種専門学校入試対策、公務員試験対策など資格取得のサポートも行っています。

ページのトップへ