関数のグ◯フ(指導方法)

2016.10.7
ホーム > 指導方法
ギャグクリップ

中学生はそろそろ関数の内容に入ると思います。関数ってなんだかよくわからなくて難しいイメージを持っている子が多いです。特にグラフを書かなきゃいけなくなると、難しいなんて先入観からいつもに増して定規がうまく使えなかったりして、線が曲がっちゃってイライラも最大値!!なんてなっちゃうこともあるでしょう。そんな関数にも面白く楽しく勉強する方法があるのです(某ロボットアニメが好きな子限定ですが、、、笑)。

 

その名も、、、関数の“グフ”です!!!

 

親父ギャグで申し訳ございません、、、笑
画像は載せられませんので、グフをご存知でない方は是非検察をしてみてください。

まずグフのプラモデルの両手に剣をもたせます(無い場合はプリントを準備します!)。それをクロスさせて座標軸に見立てます!もうこの時点でこれから何が始まるのか生徒達は皆興味津々です!!難しいだろうという先入観はもう無くなっているので、後はグフでx,y座標の位置を確認しながら、別で用意した座標軸プリントに普通に書き方を教えてあげれば、すんなりとグラフの完成です(^○^)
比例や一次関数のグラフですと直線になりますから、なんとなくグフを「バシュッ!!」と切ってやっつけているような気分になれます!!笑

某ロボットアニメ好きな子にとっては大変強烈な印象が残るようで、一次関数の“グフ”は小テストでも毎回丸です!!
すべての子に上手くいく方法ではありませんが、一人一人に合うやり方を日々模索しながら指導をしています。

指導方法の最新ブログ

学習をサポート

プロ家庭教師のジャンプでは、経験豊富なジャンプのプロ家庭教師が生徒さんの受験対策をサポートしています。学校に行けなくなってしまった不登校の生徒さん、学習障害や知的障害などの障害を抱えた生徒さんの自宅学習もしっかりとサポート。未来への可能性を広げるために、いまできることをプロ家庭教師と一緒に取り組んでいきましょう!また、各種専門学校入試対策、公務員試験対策など資格取得のサポートも行っています。

ページのトップへ