「いくつといくつ」(指導方法)

2016.9.16
ホーム > 指導方法
小学算数クリップ

小学一年生の算数で、たし算をならう前段階として、「いくつといくつ」という単元があります。たとえば、5は、1と4、2と3、3と2、4と1にわけることができます。0はここではあつかいません。

 

「数をわける」という作業は、たし算の次にならうひき算のところでも重要になってきますが、たし算の前に一度ここでふれていることになります。「数をわける」の反対の作業である「数をあわせる」が次の単元であるたし算です。二つの数をあわせてあらたに自分で数をつくりだすたし算よりも、最初にもともと数があって、それを二つの数にわける方がやさしいからという配慮があるのかもしれません。

 

教科書に出てくる問題としては、空欄をうめるもの、色をぬりつぶすもの、二つにわけた数と数を線でむすぶものなどがあります。出てくる数字は10までとなっています。10がいくつといくつにわけられるかということは、あとでならうくりあがりくりさがりのところで非常に大切になってきます。

指導方法の最新ブログ

学習をサポート

プロ家庭教師のジャンプでは、経験豊富なジャンプのプロ家庭教師が生徒さんの受験対策をサポートしています。学校に行けなくなってしまった不登校の生徒さん、学習障害や知的障害などの障害を抱えた生徒さんの自宅学習もしっかりとサポート。未来への可能性を広げるために、いまできることをプロ家庭教師と一緒に取り組んでいきましょう!また、各種専門学校入試対策、公務員試験対策など資格取得のサポートも行っています。

ページのトップへ