未来への階段は、いつもそこに。(不登校)

2016.8.28
ホーム > 不登校
モヤモヤクリップ

もうすぐ夏休みが終わりますね。各生徒さんも2学期や9月以降に向けて、着々と準備をされているのではないでしょうか。毎年、夏休みが開ける直前では、不登校生やその保護者の方から、多くの相談を受けます。

 

「今まで学校に通えていなかったけど、2学期からは通いたい。」

「今まで学校に通えていたのに、急に行きたくなくなった。」

「夏休みを挟んでも、学校に行きたいという気持ちが出てこない」

などなど。

 

そういった生徒さんとお話しする際、私は毎回その生徒さんの時系列をイメージした樹形図をかきます。

未来

多くの不登校の生徒さんは、考え事をする時間が割と多くあります。でも何をどう考えてたらいいのか、自分でも漠然としているのです。そのため、ただぼんやりと不安というモヤモヤに包まれていることが多いのです。

したがって、私が話すときには、できるだけその漠然としたモヤモヤを明確にするようにします。そこで、上記のような樹形図を作成し、どこか不安か尋ねるのです。不安を理解してくれる、また不安であることを理解してくれるとわかると生徒さんたちは、とても一生懸命考えてくれます。

 

その結果、多くの生徒さんは「未来」に対し、不安を抱えているのです。それも割と近くの未来ばかりかと思いきや、次の進路についても、意外と悩んでいるのです。受験生ではない生徒さんの場合、それを悩んでいることは、意外と保護者が気づかないことがあります。生徒さんは進路についてただ話すきっかけがなかったり、どう伝えたらいいのかわからないだけのことが多いからです。

 

後はどのようにして、その「未来」をサポートできるか、そのためにどうやってプロの先生方の指導を生かしたらいいのか、一緒に考えます。プロ家庭教師のジャンプの先生は、多くの生徒さんと触れているため、解決策をたくさん知っています。だからこそ、いつでもプロ家庭教師に頼ってください。

一緒にモヤモヤハレバレにしていきましょう。

 

不登校の最新ブログ

不登校サポート

不登校サポート

プロ家庭教師のジャンプではライセンスを取得した不登校訪問専門員を中心に、不登校の生徒さんの学習指導に取り組んでいます。学校への復学をはじめ、たくさんのご家庭において成果を上げています。

ページのトップへ