不登校だと受験は無理?(不登校)

2016.8.30
ホーム > 不登校
大丈夫!!クリップ

今までに沢山の不登校の生徒さんを担当してきましたが、特に中学・高校の生徒さんに多かった悩みとして、「不登校中、または過去に不登校を経験していると、受験はできないのか?」というものがありました。

以前担当していた東京都の中学三年生の男の子は、中学一年生の三学期から中学二年生にかけて学校に通っていませんでしたが、二年生の夏から私と一緒に勉強を始めた結果、学力面での自信を取り戻し、三年生の初めから中学に復帰することができました。将来の夢について考え始め、志望校も夏には決まり、順調に進んでいましたが、秋になって一つ問題が起きました。

定期テストの成績は推薦基準を超えているにもかかわらず、「二年生までの出席日数が足りないので推薦は受けられない」と担任の先生に言われてしまったのです。当初は学校側も「出席日数が足りなくても成績が良ければ推薦を出す方向で考える」と言ってくれていたのですが、校内における協議の結果、推薦入試での受験にはやはり出席日数が必要になってしまったとのことでした。

しかし、生徒さんは勿論、私もご家族も諦めませんでした。それまでその高校に行くために、何度も説明会に参加したり、個別相談会で高校の先生から直接お話を伺ったりしていたため、生徒さんの顔と名前は既に覚えてもらえていました。高校に直接連絡し、相談会でお世話になった先生に現在の成績や中学の対応を伝えたところ、「推薦入試そのものは中学からの推薦が無いと受験できないが、一般入試で受験してくれれば、推薦と同じ基準を超えたら出席日数は関係なく合格とする」という約束をしてもらえたのです。

そこから受験日まではひたすらその高校の過去問をもとに受験対策を行い、2月の本番ではしっかりと点数を取り、無事に合格することができました!高校では部活に入り、時々学校での出来事をメールで教えてくれています。

このように、推薦入試は難しくとも、志望校の対策にしぼって勉強をしていけば、受験をすること自体は充分に可能です。私の生徒さん達も、中学や高校で不登校を経験していた子達がほぼ全員、進学を機に楽しい学校生活を送っています。「不登校だから受験は無理」と決めつけずに、まずは自分の希望を私達に相談してみてほしいと思います。

不登校の最新ブログ

不登校サポート

不登校サポート

プロ家庭教師のジャンプではライセンスを取得した不登校訪問専門員を中心に、不登校の生徒さんの学習指導に取り組んでいます。学校への復学をはじめ、たくさんのご家庭において成果を上げています。

ページのトップへ