ケース12:新中学一年生の勉強(定期試験対策)

2018.5.13
ホーム > 定期試験対策
新しい環境クリップ

年度が変わり新しい一年が始まりました。指導に行くと、私の生徒さん達も学校の様子を楽しそうに話してくれます。特に新中学1年生にとっては、新しい友達が増えたり部活動が始まったりと、環境に大きな変化が起こる時期です。勉強面では、英語が本格的に始まり算数が数学になるなど学校の授業も一段と難しくなっていきます。また、勉強面で今までと大きく変わるものといえば、定期試験です。

小学校までは単元ごとにテストがありました。したがって、対策もしやすかったはずです。ところが中学からは定期的にまとまった範囲でテストが行われていきます。教科も5〜9科目まとめてなので、短期間に一気にテスト対策をしても、高得点を取ることは難しいですよね。ましてや、新中学1年生にとってはまだ勝手がわからない状態だと思います。ここで自分が思っていたような点数が取れなくてつまずいてしまうと、この先もモチベーションが上がらず、成績はずるずると下がっていく…ということも起こりかねません。こういったことから、新中学生にとって最初の定期テストは、非常に重要なものであると思います。それでは、一体どうすればいいのでしょうか?

それは、学校の授業をちゃんと聞き、復習して定着させるという勉強のサイクルをしっかりつくることです。そうすれば、定期テストでしっかりと結果を出すことが出来ます。とはいっても、学校の授業を聞いてわからないことが出てきてしまうと、そこから授業についていけなくなってしまいます。そうならないように、予習ベースでしっかりと勉強を教えていきます。小学生の時から指導を続けている子には、6年生の終わり頃からずっと中学の予習を進めています。ジャンプ独自のまとめノートを使うことで、生徒一人一人に合わせて指導を進めることが出来ます。いつも綺麗にノート写しをしてくれるのでそのことを褒めると、また次も綺麗に写してくれます。そのサイクルを作ることができれば、中学の授業が始まっても同じように予習と復習をやってくれます。中学の最初のテストを自信を持って迎えられるよう、万全の準備をして臨んで下さい!

定期試験対策の最新ブログ

学習をサポート

プロ家庭教師のジャンプでは、経験豊富なジャンプのプロ家庭教師が生徒さんの受験対策をサポートしています。学校に行けなくなってしまった不登校の生徒さん、学習障害や知的障害などの障害を抱えた生徒さんの自宅学習もしっかりとサポート。未来への可能性を広げるために、いまできることをプロ家庭教師と一緒に取り組んでいきましょう!また、各種専門学校入試対策、公務員試験対策など資格取得のサポートも行っています。

ページのトップへ