本当にインプットできてる?(定期試験対策)

2017.6.21
ホーム > 定期試験対策
チェック!クリップ

指導に伺っていると、よく「社会は暗記だから大丈夫!」という言葉を耳にします。
確かに社会(特に歴史)や漢字、英単語などは暗記物であり、生徒さん自身が勉強しないことには始まらないのですが、その勉強方法について、今回はお話させて頂きます。

以前似たようなお話をした際に、「作業になってはいないか」ということを書いたかと思います。
勿論英単語や漢字など、書かなければいけないものは多くあるのですが、「書いただけ、練習しただけ」で終わってはいないでしょうか?
プリントを解いて、丸付けをして、正しい答えを横に書いて、それで終わってはいないでしょうか?
さらに言えば、(歴史でよく見ますが)教科書を読んだだけで満足してしまってはいないでしょうか?

「ノートいっぱいに練習してたのに本番で書けなかった」

という経験がある人には特に注意してほしいのですが、勉強はインプットだけでは成り立ちません。
アウトプットして正解できて初めて、「覚えられた」ということが分かるのです。
読んだり書いたり、というのはインプットしている状態です。
その内容を本当に覚えられたかどうかを確かめるには、「チェックテスト」が不可欠になります。

プリントも一回で終わるのではなく、答えを隠してノートに解いたり、場所で答えを覚えてしまっているのを防ぐために一問飛ばしや後ろから解いてみましょう。
家族や友達にランダムに問題を出してもらうのも効果的です。

「覚えた!」と思った時こそ「確かめる!」

自己チェック無くして暗記物の「大丈夫!」は無いと思いましょう!

定期試験対策の最新ブログ

学習をサポート

プロ家庭教師のジャンプでは、経験豊富なジャンプのプロ家庭教師が生徒さんの受験対策をサポートしています。学校に行けなくなってしまった不登校の生徒さん、学習障害や知的障害などの障害を抱えた生徒さんの自宅学習もしっかりとサポート。未来への可能性を広げるために、いまできることをプロ家庭教師と一緒に取り組んでいきましょう!また、各種専門学校入試対策、公務員試験対策など資格取得のサポートも行っています。

ページのトップへ