解答の方針とは(定期試験対策)

2016.10.13
ホーム > 定期試験対策
記述対策クリップ

(前回の続き)
みなさんは宿題を解く、あるいは演習問題を解く、過去問を解くときはどのようなことを考えてやっているのでしょうか…?

特に、高校3年の受験生にとっては死活問題でしょう。(とても得意な人にとっては別ですが…)今回は、数学の記述問題対策についてお話しします。

前回は解答の方針を書くべきとお話ししました。それは、数学でもあらゆる問題があり、どの問題にはどのパターンで解いていけばよいか、メモしておくべきだということです。

ありとあらゆるパターンの解き方がありますが、集約すれば、解き方は何パターンかに限られてきます。例えば2次関数では、平方完成を使う問題、最大・最小の問題、判別式を使う問題、xやyに値を代入して求める問題などいくつかに分かれてきますが、使うことといえば、平方完成、代入、判別式などになってきます。

解答の方針を書くとは、出てくるさまざまな問題での使うべき公式やパターンを書いておくことだということです。

次回はどのようにして問題を見分けるかをお話ししましょう。

定期試験対策の最新ブログ

学習をサポート

プロ家庭教師のジャンプでは、経験豊富なジャンプのプロ家庭教師が生徒さんの受験対策をサポートしています。学校に行けなくなってしまった不登校の生徒さん、学習障害や知的障害などの障害を抱えた生徒さんの自宅学習もしっかりとサポート。未来への可能性を広げるために、いまできることをプロ家庭教師と一緒に取り組んでいきましょう!また、各種専門学校入試対策、公務員試験対策など資格取得のサポートも行っています。

ページのトップへ