ひたひたクリップマーク

夏の悩みといえば!(自宅学習)

2016.8.22

この時期一番悩む夏休みの宿題…
それは…

自由研究!

私が小・中学生のときにはペンケースや収納ボックス等、今振り返ると果たして研究と言えるのか微妙な物を作っていました…当時はどのような物が良いか見当もつきませんでしたが、日々勉強を教えていると、「こういう実験をしてみたら面白そうだな」と思いつく事があるものです。

私立中学に通う3年生Sちゃんも、やはり自由研究を何のテーマにするのか悩んでいて、毎年相談にのっています。昨年までは幾つか私が候補を出し、その中から一番やりたいものをSちゃんに選んでもらっていました。1年生のときは炎色反応と花火の関係について、2年生のときは色と温度の関係についての実験でした。(お見せしたかったのでSちゃんに確認しましたが、以前のレポートを無くしてしまったようです…)

今年はどういう研究にしようか考えていたところ、Sちゃんから連絡が来ました。

「自由研究の相談にのってください。今年は熊本地震もあり日本は地震が多いので、液状化現象の事を調べたいと思っています。それについての何かいい実験はありますか?」

自分が興味を持ったことをテーマにするとは、素晴らしいですね!Sちゃんが日々ニュースを見たり、学校で学んだりした事がそこで終わるのではなく、“もっと知りたい”と好奇心を持ってくれた事に感動し、成長を感じました。

液状化現象の実験…少し大掛かりになりそうだなと思い調べてみたら、ペットボトルや砂など身近な物でできるのですね。いくつかSちゃんに調べたものを送りました。先日実験を行ったようで、レポートにしていました。

IMG_20160805_194830
上手くまとまっています!

ただ、砂の粒が大きすぎた事と水の量が少なかった事で、本来の結果が出なかったようです。粒を砕いて細かくし、もっと水をひたひたにするようアドバイスをしました。後日再実験をするようです。
上手くいきますように。

【千葉】のプロ家庭教師
YOUR BEST PRO TUTOR

必見! 発達障害ブログ

ここからスタート

無料で体験する資料請求する