それ、いつやるの?(自宅学習)

2016.8.18
ホーム > 自宅学習
今やらねばクリップ

みなさん、宿題は順調でしょうか…?日差しが強いと思えば、突然の雷雨に驚くこともしばしばあります。夏バテしないように体調管理をしっかりして、この夏を乗り切りましょう。

さて、あらためてみなさん、宿題は順調に進んでいますか?私の受け持つ生徒さんによっては、1日ずつ計画を立てたり、1週間でやる量を決めたり、課題のわからないところを添削したりと、様々な形で取り組んでいるようです。しかし、中には宿題はやる気にならない子もいます。

正直、学力が追いついてない生徒さんだと、学校からは無理難題を押し付けられているような気がして、まるでやる気にはならないようです。でも、それで良いとは思ってないとのことで、自分との葛藤に揺れていることもしばしば…

わからなくはないです。僕も昔はそうでした。でも、夏休みは1日ずつ確実に短くなっていくので、やはり始業式が近くなれば焦りもかなり見られるようになります。宿題をあまりやってないで、始業式2、3日前に徹夜で宿題をこなしている状況をイメージしてみてください。

…どうですか?…そんなことしたいですか?僕だったらとても耐えられません。夏休みは本来はやるべきことはやる、楽しむべきときに楽しむものだと思います。これは受験生でも同じだと僕は考えます。受験生だって遊んでもいいんですよ。そのかわり、宿題や自主学習はやる内容の質を高めるのは重要にはなります。宿題や自主学習の質の上げ方は次回書くこととして、夏休みの課題は学力がどうであれ、しっかり提出しなければ評価はつきません。これはどの学校の先生でも同じことを言うはずです。夏休みの課題が半分しかできてなくて、それで提出して、先生が「よく頑張ったね!」と褒めてくれたとしても、成績では、宿題がすべて終わってるわけではないから、評価はそれなりになりますよね。テストで頑張ったとしても。

宿題をこなすことは、大人になって社会人として仕事をするときに、自ら仕事に期限を設け、実行する練習だと思ってほしいです。仕事ができることが認められれば、それだけ自分のやりがいにつながりますし、何より人から多大な信頼をいただけるわけですから。

後からやるでは大変な目にあいますよ。やらなければならない、逃げることのできない宿題ならば、いっその事早く終わらせられるように付箋(ふせん)を使って、何日にどこをやるのか貼っておいてもいいと思います。

正直強いて言うなら、宿題の質を上げることは重要ですし、モチベーションという意味では前回も書きましたが、「やりたいからやる」と意識することも大事です。しかし、宿題ができてないなら、今からでも遅くはありません。英語や国語の1pならできますよね。他の教科のワークでわからないところは家庭教師の先生に聞けばいいんです。問題がどの程度解ければいいかの目標は家庭教師の先生との計画で立てていると思いますので、問題は選定して、はるかに難しい問題なら答えを丸写しでもいいんですよ。

まず、夏休みの宿題がすべて終わってる状態で出してみて下さい。それで2学期の評価は初めてスタートラインに立てるのです。先生も今まで宿題を溜め込んでた子がやってくるようになれば嬉しいですし、宿題のうちいくらかは覚えていて、できるようになってれば、それで先生に褒められることもありますよ。

宿題が多くて大変だと思いますが、みなさん、ここはひとつ、後のことを考えて、宿題を早めにこなしてみて下さい。

自宅学習の最新ブログ

学習をサポート

プロ家庭教師のジャンプでは、経験豊富なジャンプのプロ家庭教師が生徒さんの受験対策をサポートしています。学校に行けなくなってしまった不登校の生徒さん、学習障害や知的障害などの障害を抱えた生徒さんの自宅学習もしっかりとサポート。未来への可能性を広げるために、いまできることをプロ家庭教師と一緒に取り組んでいきましょう!また、各種専門学校入試対策、公務員試験対策など資格取得のサポートも行っています。

ページのトップへ