共通する技術を学ぼう(自宅学習)

2018.10.17
ホーム > 自宅学習
抽象化とはクリップ

突然ですが、キャベツの炒め物はどう作りますか。

簡単に言えば、フライパンや中華鍋に油を引き、キャベツを入れて加熱し、味付けをして完成です。ナスの炒め物はどうかといえば、材料がナスに変わっただけで、基本的には同じです。セロリの炒め物でも、肉の炒め物でも、基本的には一緒です。これらはすべて「材料を炒める」という技術で作ることができます。

さて、ここで「私はりんごを持っています。」という文はどう作りますか。

主語「私は」はI、「りんごを」はan apple、「持っています」はhaveとして
I have an apple.
とすれば完成です。

「私は本を持っています。」という文はどうかといえば、「りんごを」を「本を」a bookに変えるだけで、基本的には同じです。「私は何か飲み物を持っています。」でも、「りんごを」を「何か飲み物を」something to drinkに、「私は父によって書かれた手紙を持っています。」でも、「りんごを」を「父によって書かれた手紙を」a letter written by my fatherに変えれば作れるので、基本的には一緒です。これらはすべて「I have ~.」私は~を持っています、という文の~の部分を変えるだけで作ることができます。

上の例のように、物事には「共通する技術」のようなものがあり、ちょっと変えただけでは基本的に大枠は変わらず、同じやり方で対処することができます。こうした物のとらえ方を「抽象化」と言います。効率の良い技術の習得の仕方や勉強の仕方というのは、この「抽象化」をいかに行うかにかかっています。

自宅学習の最新ブログ

学習をサポート

プロ家庭教師のジャンプでは、経験豊富なジャンプのプロ家庭教師が生徒さんの受験対策をサポートしています。学校に行けなくなってしまった不登校の生徒さん、学習障害や知的障害などの障害を抱えた生徒さんの自宅学習もしっかりとサポート。未来への可能性を広げるために、いまできることをプロ家庭教師と一緒に取り組んでいきましょう!また、各種専門学校入試対策、公務員試験対策など資格取得のサポートも行っています。

ページのトップへ