小学生の英語義務化(自宅学習)

2017.10.9
ホーム > 自宅学習
楽しむ英語クリップ

2020年より小学校の英語教育は変わります。

具体的には、今の5・6年生が習っている英語が3・4年生で学習するようになり、
今の中学1年生で習っている英語が5・6年生で習うようになると言われています。
また通知表で評価される英語ということで、今の遊びのような英語ではなく、読み書きも入る英語になると言われています。

私は中学生の英語を指導していますが、中学1年生の生徒が2学期を迎えると急に英語が難しいと感じる生徒が多いように思います。
それは、小学5・6年「楽しむ英語」から中学に入ると「考える英語」に変わってしまうからだと思います。
英語は言葉ですから、小さい頃からテレビや音楽、玩具などで英語に触れておく必要があると感じています。まだ英語教育の義務化はまだ始まっていませんが、「考える英語」で躓かぬよう「楽しむ英語」はどんどんご家庭でも時間を使っていきましょう。

自宅学習の最新ブログ

学習をサポート

プロ家庭教師のジャンプでは、経験豊富なジャンプのプロ家庭教師が生徒さんの受験対策をサポートしています。学校に行けなくなってしまった不登校の生徒さん、学習障害や知的障害などの障害を抱えた生徒さんの自宅学習もしっかりとサポート。未来への可能性を広げるために、いまできることをプロ家庭教師と一緒に取り組んでいきましょう!また、各種専門学校入試対策、公務員試験対策など資格取得のサポートも行っています。

ページのトップへ