答え合わせ(自宅学習)

2016.9.16
ホーム > 自宅学習
学力向上クリップ

答え合わせについて、学校で詳しく教えてくれる先生はなかなかいません。小学生から高校生まで、成績をとれる子となかなか思うように成績が伸びない子には、意外と答え合わせで差がついている場合が多いです。学校の先生は当然のことながら、塾でもこのことを軽視していることが多いと思います。

良くある答え合わせのやり方として、

①「解答欄に正答を赤で記入する」

②「すべて終わってから答え合わせをする」

があります。①に関しては「せっかく」間違った問題を復習する機会を奪ってしまいます。子どもにとって「間違える」=「悪」というイメージが付きまとうものです。それを、答えを書くことで勉強した気になり、なんとなく達成感を覚えることが大切だと勘違いすることが多いです。しかし実際には、間違えた問題こそ大切なところであり、勉強をするところなのです。これを知らないと、テストでも当然同じように間違ってしまうため、成績は伸びません。

②に関しては、子どもは、心理的にいっぺんに丸を付けた方がいいような気がします。その方が充実感や達成感があるからです。しかし、特に算数、数学に関して5ページ6ページも進めてから答え合わせをすれば、最初の方の問題をどのような考え方で答えを導いたのかを忘れてしまうことがあります。そうすると、答え合わせをしてその問題をしっかりと理解することができなくなってしまうのです。

答え合わせをすることで合っている問題もあれば、間違っている問題もあります。特に勉強が苦手だと間違っている問題があっている問題と比べて多くなってしまうことあります。ですが、間違っている問題を「なぜ間違ったのか」としっかり分析をし、時間をおいてもう一度チェックをすることで初めて本当の意味での勉強になります。

自分の勉強法を見直してみて、①、②のやり方でやってしまっているのであれば、そこを変えて学力向上への第一歩を踏み出してみましょう!

自宅学習の最新ブログ

学習をサポート

プロ家庭教師のジャンプでは、経験豊富なジャンプのプロ家庭教師が生徒さんの受験対策をサポートしています。学校に行けなくなってしまった不登校の生徒さん、学習障害や知的障害などの障害を抱えた生徒さんの自宅学習もしっかりとサポート。未来への可能性を広げるために、いまできることをプロ家庭教師と一緒に取り組んでいきましょう!また、各種専門学校入試対策、公務員試験対策など資格取得のサポートも行っています。

ページのトップへ