入試後の姿勢(受験対策)

2018.3.21
ホーム > 受験対策
入試直後クリップ

公立高校の入試がおわり、生徒さんの勉強する姿勢が落ち込む時期です。

殆どの生徒さんは一段落ついた、ということで少し休憩する頃だと思います。

しかし、高校の入学式の直後に実力テストが実施されています。このテストは入試の後に生徒さんがしっかり怠けずにいたか、課題の出ている学校ではしっかり課題に取り組めていたのか、ということをチェックします。入試が終わったということで、羽を伸ばし、勉強をせずにいると、このテストで点数が取れないということもあります。

スタートが印象を含めかなり重要な役割だと言えます。入学直後にいきなり怠けた姿勢をみせてしまうと、そういう生徒さんなのかというレッテルをはられてしまうこともあり、成績などへの影響も出てしまうと考えます。

高校の成績では3年間の総合評価が進学、就職する上で重要なものになります。中学生の時のように、1年生や2年生の成績なんて、と考えていると3年間の平均の成績(評定平均)を出した時に思ったよりも低くなってしまいます。

さらにこの数値が高ければ進学する際に推薦してもらるというポイントにも繋がることもあります。

そのため、特に高校受験で直前で焦り出した生徒さんには高校ではこのような直前でのラストスパートは効かない、ということを話しています。

その苦しみを味わうことの無いよう、高校に入る前から気持ちを引き締めて、高校入試がゴールではなく、またスタートラインにたった気持ちで日々の勉強への姿勢を崩すことのないように話をしています。

受験対策の最新ブログ

受験対策サポート

受験対策サポート

中学受験、高校受験、大学受験とつづく3つの受験にはご両親と生徒さんの不安と悩みがつきものです。受験対策を無理なく進め志望校に合格するために、プロ家庭教師のジャンプがしっかりとサポートします。

ページのトップへ