加配の先生(発達障害)

2020.9.6
ホーム > 発達障害
加配の役割クリップ

加配の先生

加配の先生ってご存知ですか?立ち歩きや奇声を発し授業を妨げる等、学校生活に適応することが難しい児童に付く先生のことです。加配の先生は、授業や行事をスムーズに進めるために、問題行動を取る子どもを落ち着かせたり、誘導したりする役割を担っています。

授業に付いていけない、よそ見ばかりして落ち着きがないといったお子さんを持つお母さんからは「加配の先生がなかなか付いてくれない!」とのご相談をよく受けます。そうなのです。加配の先生は、学級崩壊を招くレベルでの激しい立ち歩きや奇声、暴力等でクラスメイトに悪影響を与える子供に優先的に付けられることが多く、プロ家庭教師のジャンプで学ぶ生徒さんのように授業中はじっと座っていることができるけれど勉強に付いていけずサポートを必要としているようなお子さんにはなかなか付いてもらえない現実があるわけです。

じっと座っていられるおとなしいタイプのお子さんには加配の先生は付きにくい。加配システムの本来の役割の1つとして、担任教師1人では行き届かない学習部分をフォローして、クラス全体での学習レベルになるべく差が生じないようにすることが挙げられます。お母さんの中には「加配の先生が付きます」と聞くと、授業に付いていけないようなうちの子どもをフォローしてくれる先生、といった期待をされている方も多いのではないでしょうか。

じっと座っていられる生徒には加配の先生はつかない

しかし残念ながら加配の先生は必ずしも子どもの学力や能力を向上させるために配置されるわけではないのです。実際に問題行動のある子どもが複数いる学級では学級崩壊を招き、とても授業どころではなかったりします。加配の先生がその場にいる場合でも、言うことをきかない子どもたちの行動を制止することで精一杯になっている学校もあります。また、小学校に入学したての一年生のクラスだったり、担任教師が指導経験の少ない若手のクラスに、加配の先生を優先的に配置する学校もあります。子どもたちが授業を聞かなくなるのは、わからなくなった時から。その「わからなくなる」原因がお子様自身の学習能力だけに限らず、このような学習環境に起因するケースも現実的にかなり発生しているわけです。

プロ家庭教師のジャンプで学ばれている小学校低学年のご家庭の中には、このような期待通りにいっていない学級運営に不安を抱き、ジャンプで学校授業のフォローを受けられている方も多くいらっしゃいます。もし同じ不安を感じられているお母様がいらっしゃれば、是非一度ご相談いただければと思います。

発達障害の最新ブログ

発達障害サポート

発達障害サポート

学習障害、自閉症スペクトラム(ASD)、学習障害(LD)、注意欠陥・多動性障害(ADHD)など、発達障害をお持ちの生徒さんの自宅学習を、経験豊富なプロ家庭教師がしっかりとサポートします。

ページのトップへ