漢字っておもしろい!(発達障害)

2020.10.17
ホーム > 発達障害
漢字クリップ

すっかり秋も深まってきましたね。朝晩はだいぶ寒くなってきましたが、体調を崩してはいないでしょうか。かぜなどひかないように、十分気を付けてください。

 

今回は漢字のお話です。

数年前、高崎市で開催されていた「漢字三千年展」という展覧会を行きました。

古代中国で生まれた漢字を、殷の時代の甲骨文字から始まって、その三千年の歴史を見ていくという、とても興味深い展示でした。

漢字のもとになったのは、殷の時代に亀の甲羅や牛の骨に刻まれた甲骨文字だというのは、皆さんも歴史の授業で習ったことでしょう。そこからだんだんと漢字が発達していくのですが、三千年前の青銅器に刻まれた文字を見ると、現代の私たちでも読める漢字があるのです!「あっ、これは車という漢字だ!!」といったように、三千年前の人々が書いた文字を現代の私たちが読めるというのは、ちょっとした感動です。そしてこの展覧会では、漢字の成り立ちも説明してあり、普段使う漢字がこんな風に生まれたのだと知って、新たな発見を得ることが出来ました。

 

また、先日たまたま生徒さんの家で、小学校で習う漢字の成り立ちの本を見つけたので見せてもらいました。例えば、「秋」という漢字の成り立ちを知っていますか。なぜ、秋という漢字に「火」が入っているのでしょう?秋という漢字の「禾」は秋の実りである稲を表していて、その稲につく害虫を火で駆除したことからこの漢字が生まれたのだそうです。

 

漢字は、古代から三千年の歴史が詰まったタイムカプセルです。その一つ一つには、意味が込められています。漢字を覚えるのが面倒などと思わずに、その意味を知ろうとすると、新たなおもしろさを発見できるかもしれませんね!

発達障害の最新ブログ

発達障害サポート

発達障害サポート

学習障害、自閉症スペクトラム(ASD)、学習障害(LD)、注意欠陥・多動性障害(ADHD)など、発達障害をお持ちの生徒さんの自宅学習を、経験豊富なプロ家庭教師がしっかりとサポートします。

ページのトップへ