精度と反復①(発達障害)

2017.4.30
ホーム > 発達障害  中学受験
二つ目の壁クリップ

以前ご紹介した小学5年生のMちゃんですが、4月から6年生になり受験の年となりました。

今までは分数・小数の計算といった計算分野の確認を行っていましたが、日々の授業の様子から入試用の勉強に入っても問題ないと判断し、受験用の内容(特殊算)に入りました。

 

あれから順調にいっているだろうと思う方も多いでしょう。ところがどっこい、そんなにうまくいきませんでした。

 

小テストでまたもや10点…

ちなみにMちゃんは今まで宿題をさぼったことはありません。今回も宿題はやっており、やり方も徹底させていました。

 

一体何が起きたのでしょうか…?

原因はまた次回…!

中学受験対策コース

発達障害の最新ブログ

発達障害サポート

発達障害サポート

学習障害、自閉症スペクトラム(ASD)、学習障害(LD)、注意欠陥・多動性障害(ADHD)など、発達障害をお持ちの生徒さんの自宅学習を、経験豊富なプロ家庭教師がしっかりとサポートします。

ページのトップへ