勉強への意欲(発達障害)

2016.10.3
ホーム > 発達障害
意欲低下クリップ

現在指導している小学校低学年の子で、少し学習意欲がなかったり学習障害ではないか、と疑われている子に対して時々学年が一つ上のものを導入したりしています。

もともと勉強嫌いなので学校と同じ進度の内容をやっても嫌がりますし、何より周りの子達ができているものが出来ないというコンプレックスが生まれます。そこで、まだみんな知らないことだよ、ということをアピールしながら学年の違うプリントなどを使い、一緒に学習をしていきます。これを繰り返し、最後に「本当は来年習うことでみんな絶対に出来ないんだよ」ということを言うと、自分はみんなより1歳歳上なんだ、という感じで嬉しそうになりました。特に自分に自信をなくしてしまっている時ほど効果的であると実感しました。

自分はできるんだ、という気持ちを作ることによって勉強への意欲も湧きますし、普段の字の書き方にも違いが出てきました。結果としてテストの時も白紙に近かった子が、まずは埋めてみよう、という気持ちになり間違っていても全部埋められるようになりました。

 

発達障害の最新ブログ

発達障害サポート

発達障害サポート

学習障害、自閉症スペクトラム(ASD)、学習障害(LD)、注意欠陥・多動性障害(ADHD)など、発達障害をお持ちの生徒さんの自宅学習を、経験豊富なプロ家庭教師がしっかりとサポートします。

ページのトップへ