「かど」が!①(発達障害)

2016.9.16
ホーム > 発達障害
ピストルクリップ

前回書いた発達障害のY君の話には続きがあります。ひらがなやカタカナを読んだり、文字を並べかえて言葉を作ったりは出来るようになりましたが、次の課題が待っていました。

【書くこと】です。

前回のコラムでも書きましたが、手先が不器用なこともあり、鉛筆をグーの手で握ってしまうのです。

書くときも○△□の違いがほとんどなく、「かど」の部分が丸くなってしまいます。

美しい字は美しい持ち方から。

と言うことでまずはじめに、正しい鉛筆の持ち方を練習しました。練習とは言っても難しいものではありません。

①グーの手の形から親指と人差し指を立てる(ピストルの形)

IMG_20160911_001827

②親指の付け根に鉛筆を置く

IMG_20160911_001923

③ギュッと握る

IMG_20160911_001925

これだけです!

グーの手で持つことに慣れていたY君ですが、この方法で正しい鉛筆の持ち方が出来るようになりました。

書く練習では別の課題が出てくるのですが、それはまた次回!

発達障害の最新ブログ

発達障害サポート

発達障害サポート

学習障害、自閉症スペクトラム(ASD)、学習障害(LD)、注意欠陥・多動性障害(ADHD)など、発達障害をお持ちの生徒さんの自宅学習を、経験豊富なプロ家庭教師がしっかりとサポートします。

ページのトップへ