「かど」(発達障害)

2020.9.30
ホーム > 発達障害
ピストルクリップ

発達障害のY君の『書く』をテーマにお話したいと思います。

Y 君は入会当初から読み書きが苦手ということで、最初はひらがなやカタカナを読んだり、文字を並べかえて言葉を作ったりを出来るようしていきました。

そして次の課題が待っていました。

【書くこと】です。

Y 君は手先が不器用なこともあり、鉛筆をグーの手で握ってしまうのです。

書くときも○△□の違いがほとんどなく、「かど」の部分が丸くなってしまいます。

美しい字は美しい持ち方から。

と言うことでまずはじめに、正しい鉛筆の持ち方を練習しました。練習とは言っても難しいものではありません。

①グーの手の形から親指と人差し指を立てる(ピストルの形)

IMG_20160911_001827

②親指の付け根に鉛筆を置く

IMG_20160911_001923

③ギュッと握る

IMG_20160911_001925

これだけです!

グーの手で持つことに慣れていたY君ですが、この方法で正しい鉛筆の持ち方が出来るようになりました。

 

次に、書く練習では別の課題が出てきます。

正しく鉛筆を持てるようになったY君の次の課題。それは、「へ」や「く」等の角があるひらがなをうまく書けるようになることです。字をなぞるときにもどうしても角が書けず、曲線になってしまいます。

角を書く感覚をつかむために、手を支えて一緒に書いてみたのですが、やはり一人で書くと上手くいきません。ひらがなを教えるって難しいですね…

色々と練習してみた結果、Y君が書けるようになった方法があります。

「止める」ことです。

すーっ

IMG_20160925_220140

ストップ!

IMG_20160925_220429

すーっ

IMG_20160925_220433

この方法でY君はひらがなを上手に書けるようになり、お家でもご両親と一緒に練習をして、「ストップ!って言ったら、ちゃんと家でも書けました!」との報告をいただきました。
ご家庭でも練習をするきっかけになるとは、嬉しい事ですね!

発達障害の最新ブログ

発達障害サポート

発達障害サポート

学習障害、自閉症スペクトラム(ASD)、学習障害(LD)、注意欠陥・多動性障害(ADHD)など、発達障害をお持ちの生徒さんの自宅学習を、経験豊富なプロ家庭教師がしっかりとサポートします。

ページのトップへ