自信をなくした時の学習方法(指導方法)

2016.8.2
ホーム > 指導方法
自信と結果クリップ

僕が指導させていただいている生徒さんの中にも、学習障害といわれる生徒さんがいます。

実際学習指導してみると、説明されたことがうまく理解出来なくて止まってしまった、やる気をなくしてしまって学校の話を聞くのが嫌になった、というケースが多くあります。

1度自信をなくしてしまうと立ち直ることが難しく、机に向かう姿勢もなくしてしまうため、少し簡単な問題をアレンジし解かせるという手法を行ってみました。

もちろん、解くことができ、本人は「こんなの簡単だから出来て当たり前だよ」と言っているのですが、ここでアレンジした部分を使って「この部分は同じ学年の子にやらせたのに、こんなふうに引っかかったんだよ」と、解けたのは君だけだよ、というニュアンスで伝えるとものすごく嬉しそうに「やった、僕できるじゃん」という様子でした。

これを3ヶ月ほど繰り返したところ、自信をつけたのか、学校の進度よりも早いところをやろうとした時も「他の子よりも早く勉強できるよ、前も他の子ができなかったところができたよね」と言いながらやってみると、落ち着いて聞き入れてくれることがありました。

どんな子でも自身がなければ、「できないんだから話を聞くだけ無駄じゃないか」と諦めてしまい出来なくなってしまうし、自信があれば、「解けるかも」という気持ちがありしっかり話を聞くことが出来て伸びるんだな、と思いました。

指導方法の最新ブログ

学習をサポート

プロ家庭教師のジャンプでは、経験豊富なジャンプのプロ家庭教師が生徒さんの受験対策をサポートしています。学校に行けなくなってしまった不登校の生徒さん、学習障害や知的障害などの障害を抱えた生徒さんの自宅学習もしっかりとサポート。未来への可能性を広げるために、いまできることをプロ家庭教師と一緒に取り組んでいきましょう!また、各種専門学校入試対策、公務員試験対策など資格取得のサポートも行っています。

ページのトップへ