あと何機残ってる?!(指導方法)

2016.12.5
ホーム > 指導方法
飽き防止!クリップ

382÷63の筆算を指導している一コマです。
商のたて方が一回でできず、何回も商を書いては消して書いては消してを繰り返していました。

だいたいの数を書いて計算、380÷60にして計算してみよう、はい!横にまた書いて、というと面倒くさがる生徒。このやり方をすれば正解はできるのですが、宿題が15題もあるので1つ1つやっていくのが大変に感じてしまったようです。

そこでチャレンジ要素を入れ、少しでも楽しんでもらえるよう『マリオ』を10人右上に書いて、
「はい、残りの9問、マリオが何機残っているかな?商を1回間違えるたびに1機消しゴムで消していくよ」と言うと、急に真剣になり丁寧に取り組んでくれました。
「先生、向こう向いてて」と言われたので、数秒目線を反らすと、さっき面倒くさがっていた、だいたいの数を書いて計算することを進んでやっていました。

結果は3機残すことができました。算数が嫌いで単純な計算問題を何問もやると飽きてしまいますから、チャレンジ要素を入れ楽しみながら指導することを常に心がけています!

指導方法の最新ブログ

学習をサポート

プロ家庭教師のジャンプでは、経験豊富なジャンプのプロ家庭教師が生徒さんの受験対策をサポートしています。学校に行けなくなってしまった不登校の生徒さん、学習障害や知的障害などの障害を抱えた生徒さんの自宅学習もしっかりとサポート。未来への可能性を広げるために、いまできることをプロ家庭教師と一緒に取り組んでいきましょう!また、各種専門学校入試対策、公務員試験対策など資格取得のサポートも行っています。

ページのトップへ