名付ける(指導方法)

2016.11.6
ホーム > 指導方法
ワープクリップ

生徒の立場で「ここ得意だな」「ここ苦手だな」と感じる単元があるように、先生の立場では「ここ(教える側も教わる側も)面白いな」「ここつまらないな」と感じる単元はあります。ネタを仕入れてなんとか面白くできるようになったものもありますが、全範囲そのようにするにはまだまだ勉強が必要です。

面白くない単元を教えるときどうするか…?それは…“面白そうに聞こえる名前(キーワード)をつける”です!

先日小学生6年生の女の子Mちゃんに、速さについて教えていました。時速から分速、分速から秒速への単位変換を教えるとき、×60、÷60の説明だけではピンとこないなぁ、面白くないなぁと思い、図を見ながら何かわかりやすい説明の言葉を探しました。

 

IMG_20161025_231020

変換の図が右に左に移動しているので…

 

ワープみたい?

IMG_20161025_231100

 

「じゃあMちゃん、時速から分速にワープだよ!」

とまるで面白いことをやっているかのごとく説明をしました。

するとMちゃんにはワープという言葉がはまったようで、

先生「これはワープするから…?」

Mちゃん「×60!」

と、難なく単位変換ができるようになりました。理論的に“ワープ”という言葉は正しくないのですが、楽しく授業を終えることができました。

毎回楽しい説明をできるよう、頭フル回転で頑張ります!

指導方法の最新ブログ

学習をサポート

プロ家庭教師のジャンプでは、経験豊富なジャンプのプロ家庭教師が生徒さんの受験対策をサポートしています。学校に行けなくなってしまった不登校の生徒さん、学習障害や知的障害などの障害を抱えた生徒さんの自宅学習もしっかりとサポート。未来への可能性を広げるために、いまできることをプロ家庭教師と一緒に取り組んでいきましょう!また、各種専門学校入試対策、公務員試験対策など資格取得のサポートも行っています。

ページのトップへ