「察する」ように(指導方法)

2016.10.25
ホーム > 指導方法  小学生
指導論クリップ

今回、小学生の指導において気を付けている点についてお話します。

当たり前ですが、小学6年生ですら12歳です。毎週指導に向かえば、学校で嫌なことがあったり、プールで疲れたり、学校の先生に叱られたりと様々な理由で普段と比べてテンションが低いことがあります。

このような場合、私がまず心がけるのは「いつもよりさらに明るい指導」です。時には、「先生どうしたんですか?」と言われてしまうくらい明るく振舞います。基本的に楽しく指導が出来るかどうかはこちら側次第だと思うのが持論です。そのため、指導後に「あれ?今日何か学校で嫌なことがあったような・・・?」と思わせることができるような指導が理想だと考えています。

ただし、そのような指導を心がけたところで必ずしもテンションを上げてくれるわけではありません。そんな時に、言葉では伝えづらいのですが、「怒っているオーラ」を出すようにします。すると、2~3ヶ月以上受け持っている生徒であれば、叱らずとも「あっ・・・怒られるかも。」と察するようになります。このやり取りが出来るようになると毎週の指導をスムーズに行えるようになってきます。

当然、全ての生徒にこの方法が通じるわけではありませんが、相手の様子を察することは学校生活はもちろん社会に出るときにでも重要なスキルです。大げさな書き方をしていますが、今後もどんどん相手の気持ちを「察する」力を身につけさせて行こうと思っています。

指導方法の最新ブログ

学習をサポート

プロ家庭教師のジャンプでは、経験豊富なジャンプのプロ家庭教師が生徒さんの受験対策をサポートしています。学校に行けなくなってしまった不登校の生徒さん、学習障害や知的障害などの障害を抱えた生徒さんの自宅学習もしっかりとサポート。未来への可能性を広げるために、いまできることをプロ家庭教師と一緒に取り組んでいきましょう!また、各種専門学校入試対策、公務員試験対策など資格取得のサポートも行っています。

ページのトップへ