テストに潜むアレ①(定期試験対策)

2016.7.15
ホーム > 定期試験対策
うっかり?クリップ

定期試験が返ってくるこの時期、ほとんどの生徒さんが遭遇するアレがあります。テスト当日の遭遇率は驚くほど低いのに、採点後のテスト用紙には大量に潜むこともあるアレ…『ケアレスミス』です。

うっかりミスとも呼ばれるこれらは、

・テストが返ってきた時点でわかる

・解き直しでは難なく解ける

・予防策は見直しである

という3点において、全時代全学年に共通する厄介なものです。

わからなかったり惜しかった問題と違い、解けることがわかっているためあまり重視されません。多くの生徒さんは『見直しをしたのに』と首を傾げるか、『次からはしっかり見直します』と反省するだけです。

しかし、考えてみてください。

例えばスポーツの試合なら、当日にミスをしないように練習します。そしてそれでもしてしまったミスがあれば、涙を流しながら悔しがることもあるでしょう。例えば検定なら、間違いがないか不安な箇所は何度も戻って見直しをして結果を待つでしょう。定期試験ばかりが『うっかりミス』を許されているのです。これは実は全くうっかりではありません。これは進路を左右する重要な問題なのです。

次回はこれをそのままにして受験期を迎えた生徒さんとの出会いから考えたことを書いていきたいと思います。

定期試験対策の最新ブログ

学習をサポート

プロ家庭教師のジャンプでは、経験豊富なジャンプのプロ家庭教師が生徒さんの受験対策をサポートしています。学校に行けなくなってしまった不登校の生徒さん、学習障害や知的障害などの障害を抱えた生徒さんの自宅学習もしっかりとサポート。未来への可能性を広げるために、いまできることをプロ家庭教師と一緒に取り組んでいきましょう!また、各種専門学校入試対策、公務員試験対策など資格取得のサポートも行っています。

ページのトップへ