聞いているけど分からない➁(自宅学習)

2017.5.30
ホーム > 自宅学習
イライラクリップ

分かりやすく伝えようとすればするほど、無意識に言葉が長くなってしまうものですよね。

必死に子どもに丁寧に伝えようとしているのに、思うように伝わらず、イライラしてしまう。そして、感情的になると余計に口から出る言葉は具体性が欠けた指示となり、子どもも怒っている大人を見て、怯えたり反発したりと聞く姿勢が崩れていきます。

その結果、言うことを聞かない子どもに見えてしまい親もさらにイライラ悪循環で無意味に親も子どもも嫌な思いをして終わります。

下手したら親も指示したかったことを忘れ、日頃の悩みを、悪く言えば鬱憤を子どもにぶつけてしまいかねません。

「あなたはいつも・・・だからダメなんだよ」などと。

親と子どもどちらが悪いという話ではないので、つらいものですよね。親の日頃の苦労は私自身が想像することは難しいですが、だからこそ、親も子どもも気持ち良くコミュニケーションをとれるように考えていく助けができればと思います。

自宅学習の最新ブログ

学習をサポート

プロ家庭教師のジャンプでは、経験豊富なジャンプのプロ家庭教師が生徒さんの受験対策をサポートしています。学校に行けなくなってしまった不登校の生徒さん、学習障害や知的障害などの障害を抱えた生徒さんの自宅学習もしっかりとサポート。未来への可能性を広げるために、いまできることをプロ家庭教師と一緒に取り組んでいきましょう!また、各種専門学校入試対策、公務員試験対策など資格取得のサポートも行っています。

ページのトップへ