褒め方クリップマーク

何を褒める?(自宅学習)

2016.8.10

子供にかける言葉は、今後の子ども自身の考え方を簡単に変えてしまうものです。子供がテストでいつもより良い点数をとってきたとします。すぐに目につくのは点数ですから、「○○点!すごいね!」と点数を褒めて終わってしまうかと思います。

これに少し付け加えて「いっぱい頑張ってるもんね!えらい!」と普段の頑張りを褒めてあげましょう。親が点数を褒めるから、子供は点数にこだわる。親が頑張りを見ていてくれるから、子供は努力する。常に子供は親の見ているものを気にしており、敏感です。親に褒められ、認められたい気持ちがどんな子供でも心の底にあるからです。

「親は自分を認めてくれている」という安心感があれば、たとえ失敗した時などでも自信を失わずに気持ちを切り替え、頑張ることができます。「褒める」とは「子供の努力を認め、見守ってくれているという安心感を与えること」だと念頭に置き、親が子供に合った言葉をかけてあげることが子供の内面の成長には欠かせないのです。

【東京】のプロ家庭教師
YOUR BEST PRO TUTOR

必見! 発達障害ブログ

ここからスタート

無料で体験する資料請求する