秋に向けて①(受験対策)

2017.9.17
ホーム > 受験対策
小論文クリップ

夏休みも終わり新学期が始まりました。夏休み明けに課題テストが行われた学校も多かったと思います。そのテストで結果が出なかった場合は、次のテストの前までに弱点を必ず補強していかなければなりません。また、順位が良かった人も周りはあまり力を入れていなかった可能性もあるので、気を抜かず頑張りましょう。

今年は推薦入試での合格を目指す高校生が多いため、その話を今回したいと思います。推薦入試では主に小論文と面接が課されることが一般的です。(特に公募推薦では)高校でも当然「小論文講座」といった小論文の対策をやるところが多いです。

しかし、学校における小論文対策は複数人を同時に教えるため、「書き方」のような一般的なことしか対応できていないことが多いです。ですが、入試においては「書き方」に関しては差が付くことが少なく、皆さんある程度書くことができるため差がつきません。

そのため、私の指導においては内容についての話を多くするようにしています。受験に際しては、当然「学科・学部」がありそれに応じた出題がなされることが一般的です。ですので、経営学部であれば「グローバル化について」といったような内容に絞って指導を行います。

このような指導をして生徒に気づいてもらわなければいけないのは、「知識が足りないこと」です。どの学部を受けるにあたってもその学部にあった知識を蓄えておけないと中身のある論文を書くことは難しいです。そのため、指導時にも質疑応答形式で常に生徒に答えてもらうような授業を心がけています。

具体的な内容については次回のブログにてお伝えしようと思います。

受験対策の最新ブログ

受験対策サポート

受験対策サポート

中学受験、高校受験、大学受験とつづく3つの受験にはご両親と生徒さんの不安と悩みがつきものです。受験対策を無理なく進め志望校に合格するために、プロ家庭教師のジャンプがしっかりとサポートします。

ページのトップへ