モード転換期(受験対策)

2016.10.21
ホーム > 受験対策
自覚する月クリップ

10月に入ると、一気に受験意識が高まります。
もちろん受験生にはずっとずっと前から言い聞かせていますが、本人が本当の意味でそのモードになるのが秋頃・・・ということが多いです。

この頃になると、
①急に焦り始めて『ダメだ!できない!』と騒ぐ
②受験どうしよう・・・と悩んで夜を過ごしてしまう
③結局、勉強としてはやっていないように見えるため、注意されてふて寝する

という3大ダメダメパターンが存在します。

今までやっていなかったのに『できない』ことにショックを受けて、そのままうっかり自分の進路について悩んでしまう・・・。親御様や兄弟姉妹は「何を急に騒いでいるんだ?」という感覚で見ているので、ふと発した言葉に本人が過剰反応してきて大変という流れです。本人もご家族も嫌な気分になるし、宿題は進まないし何一つ良いことはありません。

こういう状態に陥った生徒さんの対応は『他との違い』を話してあげることです。しかも完全に『他』であることが大事です。それは様々な家庭を見ている私達でなければ話せません。ご家族が自分の経験談を語ったり、兄弟姉妹と比べて話しても、良い結果になることは少ないでしょう。

家庭教師がいない時には、『今日の宿題をやってから悩むこと!』とのみ言って下されば十分です。
不安定な時期に入りますから、相談しながら進めていきましょう。

受験対策の最新ブログ

受験対策サポート

受験対策サポート

中学受験、高校受験、大学受験とつづく3つの受験にはご両親と生徒さんの不安と悩みがつきものです。受験対策を無理なく進め志望校に合格するために、プロ家庭教師のジャンプがしっかりとサポートします。

ページのトップへ