イライラしやすい子への指導(発達障害)

2016.7.31
ホーム > 発達障害
癇癪クリップ

特に小学生で、何かわからないこと、出来ないことがあるとすぐに大声を出したり、何かものに八つ当たりしてしまうという子を受け持つことがあります。

私の場合、初めはイライラさせない指導を心がけます。指導自体を生徒に気に入ってもらわなければ、指導自体を嫌いになってしまうからです。

次に、楽しい授業を心がけつつも、あえて分からない問題を考えさせるようにします。理由は、いつまでも楽しい授業だけですと、学校での改善が見られないからです。あくまでもゴールは学校の授業を集中して聴けるようにすることです。そのため、指導内でイライラしてしまうこともありますが、こちらからはキツく叱るようなことはせず、真面目な顔で注意をするようにします。

一朝一夕で良くなるものではないですが、指導内で「我慢」をするという経験が、学校生活を送る上で非常に大切であると思っています。

親御さんが自分の子どもと宿題等を一緒にやる場合、どうしても押しつけがましくなり、子どももそれに反発するため失敗してしまう場合が多いように感じられます。その間に入ることで、普段の学習のサポート&授業をきちんと受けることのサポートをしています。

発達障害の最新ブログ

発達障害サポート

発達障害サポート

学習障害、自閉症スペクトラム(ASD)、学習障害(LD)、注意欠陥・多動性障害(ADHD)など、発達障害をお持ちの生徒さんの自宅学習を、経験豊富なプロ家庭教師がしっかりとサポートします。

ページのトップへ