図形の指導方法①(指導方法)

2017.5.15
ホーム > 指導方法  数学 算数
簡単?クリップ

小学校の算数、中学校の数学では各学年のどこかで必ず図形の単元を学習します。図形は算数の中でも取組みやすいと感じる子が多いようで、生徒さんに「図形と計算どっちが簡単?」と質問すると、「図形!だってめんどくさくないもん!」という返事をよく聞きます。図形は簡単でめんどくさくないので取り組みやすいというイメージを保護者の方も持っているようです。私も図形は教えやすい分野だと考えていました。

 

しかし、色々な生徒さんを担当する中で、図形の指導は実は非常に難しいものだと感じるようになりました。

 

中学3年生の夏から高校受験対策で担当したK君は、計算問題は非常に得意で理解も早く、因数分解やルートの複雑な計算なども教えるとすらすら解けるようになりました。一方、図形の問題は苦手意識をもっており、計算問題と同じように教えても角度を求めるといった小学校の内容でさえ苦戦していました。

 

同じ数学のはずなのに、K君の中で計算分野と図形分野でいったい何が違ったのでしょうか。次回その原因をお話しします。

指導方法の最新ブログ

学習をサポート

プロ家庭教師のジャンプでは、経験豊富なジャンプのプロ家庭教師が生徒さんの受験対策をサポートしています。学校に行けなくなってしまった不登校の生徒さん、学習障害や知的障害などの障害を抱えた生徒さんの自宅学習もしっかりとサポート。未来への可能性を広げるために、いまできることをプロ家庭教師と一緒に取り組んでいきましょう!また、各種専門学校入試対策、公務員試験対策など資格取得のサポートも行っています。

ページのトップへ