不登校の生徒との付き合い

2016.12.21 | 不登校 不登校プロ家庭教師

不登校の生徒にとって授業を受けるだけでも、そして学校にいくことだけでも大変なことだと思います。人と接するのが苦手なため人と会って挨拶をするだけでも本人からすればすごいことなのです。さらに勉強まで頑張るとなると生徒からしてみれば考えられないほど別の領域というか自分とは違う世界なのかもしれませんね。なのでそういった子供たちが真面目に学習しているだけでも周りの人たちは褒めていかなければならないと思うのです。さらに宿題をきちんと終わらせることができれば解答があっているかどうかなんてどうでもよく、やっておいてくれた!先生が一緒にいなくても一人でできた!といったことを生徒とともに喜び合っていきたいと思っています。まだまだそういった生徒たちが多い中で自分だけの常識や当たり前を押し付けてしまってはいけないんだと思います。少しづつ生徒の成長を見守っていきたいです。

ページのトップへ