中学生から高校生に(自宅学習)

2017.2.15
ホーム > 自宅学習
新高校生クリップ

高校受験シーズンですね。受験が終わった人もいれば、まだこれからの人もいると思います。高校入学前に中学と高校の勉強の違いを知っておきましょう。

 

①宿題量の増加

学校によって差はありますが、高校生になると基本的に宿題量が増えます。中学生の頃は復習の宿題が多かったですが、高校では予習の宿題も増えるので注意しましょう。予習の宿題は提出することはほとんどありませんが、やっていかないと授業でついていけなかったり、突然指名されたときに答えられなかったりします。当然成績にも影響するので、予習は必ずやるようにしましょう。自宅学習での勉強習慣をつけることが大切です。

 

②科目数の増加

高校では、科目数も増えます。英語が英語表現とコミュニュケーション英語に別れたり、国語が現代文と古典に別れたり、社会が日本史・世界史・現代社会・地理などに別れたり、理科が生物・化学・物理などに別れたりします。数学も日によって、1日に2回3回あることもあります。科目数が増えるということは、当然宿題やテストも増えます。進むスピードも速いので、テスト範囲も広いです。テスト前に勉強するだけではいい結果は得られません。平日は宿題をメインで、休日は1週間の復習をするなどしてテストに備えるようにしましょう。

 

③理解する勉強へ

中学までの勉強は、どんな科目も暗記すればある程度の点数をとることができました。高校では、そうはいきません。それは問題パターンが多過ぎて、暗記しきれないからです。だからこそ、理解が必要です。理解するとは、解き方だけではなく、なぜその解き方なのかということまで説明できるということです。最初にこうして、次にこうして、最後にこうするというだけではなく、「○○だから」最初にこうして、「○○だから」次にこうして、「○○だから」最後にこうするという説明が出来て初めて、理解したということができます。問題の解き方一つ一つに疑問を持つようにし、分からなければ先生に聞くなどして理解していきましょう。

 

高校生になると、勉強についていけいない生徒さんも増えてきます。それは大きく分けると、勉強習慣がついていない生徒さん、「何となく」で勉強してきた生徒さんの2パターンです。前者は言わずもがな、後者は最初のテストはなんとかなるかもしれませんが、1学期の期末テスト辺りから怪しくなってきます。中学と高校の勉強の違いを理解し、合格しても浮かれずに高校入学準備をしていきましょう。

自宅学習の最新ブログ

学習をサポート

プロ家庭教師のジャンプでは、経験豊富なジャンプのプロ家庭教師が生徒さんの受験対策をサポートしています。学校に行けなくなってしまった不登校の生徒さん、学習障害や知的障害などの障害を抱えた生徒さんの自宅学習もしっかりとサポート。未来への可能性を広げるために、いまできることをプロ家庭教師と一緒に取り組んでいきましょう!また、各種専門学校入試対策、公務員試験対策など資格取得のサポートも行っています。

ページのトップへ