模擬試験の大切さ

2017.1.18 | 受験対策 意欲の上昇プロ家庭教師

現在指導している中学2年生の生徒さんですが、冬休みに高校の合格判定の模擬試験をやってみたところ、自分の希望している高校の判定が思っていたよりも低かったという結果がでました。

1度はここで、もうダメだ、という気持ちがでてきてしまいなにをしても入れるわけがない、とマイナス思考になっていました。

ここで受験まであと1年あり、どれだけ頑張れば成果が出るのか、諦めてしまうと今よりもっと悪い結果が一年後にでてくる、という話をしたところ、頑張ることで希望が出てくる、ということを実感して宿題を増やして欲しいという気持ちができました。

結果がでることでモチベーションが1度下がってしまうとは思いますが、残りの期間でどれだけの事が出来るのか、まだ間に合うんだ、という気持ちをつけさせたいと思います。

3年生になってからではモチベーションがあがりにくいので、常に早めの対応をしています。

ページのトップへ