公務員試験の面接で話すべきこと(資格取得)

2016.8.8
ホーム > 資格取得
違いを知るクリップ

前回のブログで公務員試験では筆記試験よりも面接試験の配点比重が高いということをお話しました。これを公務員試験対策を担当している生徒に話すとよく「面接試験って何を聞かれるんですか?」、「面接試験って何を話せばいいんですか?」という二つを質問されます。今回は面接試験で話すべき内容についてお話します。

まず頭に入れておくべきことは、公務員は一般企業とは異なり特殊な職業であるということです。それぞれの職業の特徴、なぜその仕事を志望したのか、これは面接試験で間違いなく重点的に質問される項目です。特に志望理由についてはなぜその仕事に就きたいのか過去の経験をまじえて自分自身のことを面接官に知ってもらえるよう具体的に話せるようにしなければなりません。

もう一つ重要なことは受験する地域と他の地域との違いを理解しておくことです。地方公務員や警察、消防の場合、各都道府県や市町村ごとに募集があります。実際に面接試験を受けた生徒の中に「同じ消防だけど○○県の試験は受けないの?」という質問をされた子がいました。職種が似ているからこそ地域ごとの違いを理解し、なぜその地域で働きたいのかしっかりと考えておかなければいけません。

近年、公務員試験は年々倍率が高まっています。面接試験を通して自分のことを知ってもらうことの重要性は以前よりも増しています。そのための準備には筆記試験以上の時間をかけて行わなければならないのです。

資格取得の最新ブログ

資格取得サポート

資格取得サポート

大学生から社会人を対象に専門学校の入試対策や高卒認定試験、公務員試験の対策など、各種資格取得のための学習をサポートしています。資格取得を目指している方はぜひご相談ください。

ページのトップへ