二学期の心構え(自宅学習)

2016.9.3
ホーム > 自宅学習
夏どうする?クリップ

夏休みもほぼ終わりに近づき、二学期が始まります。夏休みの課題を早く終わらせた子、最後までほったらかして焦っている子、様々います。夏休みの課題は、一学期の内容を振り返る意味で、もう1度理解出来ているか確認ができるメリットがあります。ここでわからなかったところを、学校の授業が進まないうちに理解を深める意味でもよい期間だと思います。

また、一学期の内申をさらに上げるためのよい場面であるとも考えられます。提出日に出すことも大切ですが、課題をいかに丁寧にやってあるか、まとめられているか、ということが大事です。同じように提出された課題でも、字が綺麗、上手くまとめられている、さらには、指定されたページ数よりも多くやってあるということが評価につながります。提出日ギリギリにやってしまうと、雑にやってしまったり指定されたピッタリのページ数だけであったり、と評価に繋がらないこともあります。

夏休みという長い時間の中で、1日1日を有効に使うことで学校の先生からの二学期の評価がみんなよりも多くなるか、少なくなるかは過ごし方で決まります。

この事を常に生徒さんには話をして気持ちを引き締められるよう話をしています。

自宅学習の最新ブログ

学習をサポート

プロ家庭教師のジャンプでは、経験豊富なジャンプのプロ家庭教師が生徒さんの受験対策をサポートしています。学校に行けなくなってしまった不登校の生徒さん、学習障害や知的障害などの障害を抱えた生徒さんの自宅学習もしっかりとサポート。未来への可能性を広げるために、いまできることをプロ家庭教師と一緒に取り組んでいきましょう!また、各種専門学校入試対策、公務員試験対策など資格取得のサポートも行っています。

ページのトップへ