問題は印を付けて解こう(自宅学習)

2017.12.14
ホーム > 自宅学習
印を付けながらクリップ

前回は勉強を毎日することの大切さについてご紹介しましたが、今回はその続きで、家庭学習の際の問題の解き方についてご紹介したいと思います。
まずは問題を一通り見て、何も見なくても解けそうな問題を解いてみます。次に、教科書等を見ながら残りの問題を解いてみます。このとき、何も見ないで解けたもの、教科書等を見たら解けたもの、教科書等を見ても分からなかったものそれぞれに印を付けておきます(例:何も見ないで解けたものに◎、教科書等を見て解けたものに○、教科書等を見ても分からなかったものに△)。全部の問題に一通り目を通して、印を付けた後に○付けをします。このとき、解く際に◎や○を付け、○付けの際×だった問題は解答解説と照らし合わせて、必ずなぜ間違えたのかを考えるようにしましょう。例えば数学だったら計算で間違えたのか、公式を間違って覚えていたのか等、どこまでが合っていてどこからが間違っていたのかを確認しましょう。どこまで合っていたか、なぜ間違えたかも問題の近くにメモするようにしましょう。そうすることによって、自分はどこまで分かっているのか、どこが苦手、間違えやすいかを可視化できるため、テストや入試等で同じような問題が出てきても「前回はここの計算を間違えたな」や、「ここで間違えやすいから気を付けなければ」と意識することができるようになると思います。
次回は間違えた箇所の解き直しの仕方についてご紹介できればと思います。

自宅学習の最新ブログ

学習をサポート

プロ家庭教師のジャンプでは、経験豊富なジャンプのプロ家庭教師が生徒さんの受験対策をサポートしています。学校に行けなくなってしまった不登校の生徒さん、学習障害や知的障害などの障害を抱えた生徒さんの自宅学習もしっかりとサポート。未来への可能性を広げるために、いまできることをプロ家庭教師と一緒に取り組んでいきましょう!また、各種専門学校入試対策、公務員試験対策など資格取得のサポートも行っています。

ページのトップへ