宿題はなぜ毎日あるの?(自宅学習)

2017.11.14
ホーム > 自宅学習
継続は力クリップ

いきなりですが、こんな事を思ったことはないでしょうか?「なんで宿題って毎日やるんだろう?1日くらいやらなくたっていいじゃん。次の日にまとめてやっても変わらないし。」
果たして本当に1日やらなくても大丈夫なのでしょうか?
答えはノー!です。今回は宿題、勉強を毎日行うことの大切さについてお話ししたいと思います。
ジャンプでも宿題を毎日日割りで出していますが、たまに「まとめてやっちゃだめなの?」と聞かれます。もちろん毎回だめだというのですが、なぜだめなのでしょうか?それは、人間が忘れる生き物だからです。有名な研究でエビングハウスというドイツの心理学者の研究によると人間は覚えたことを20分後には42%、1時間後には52%、1日後には74%忘れてしまうそうです。つまり、10個のことを覚えても何もしなければ翌日には2、3個しか覚えていないということになります。これを防ぐために復習があるのです。
これは勉強に限った話ではなく何にでも置き換えられる話だと思います。ピアノも1日やらないとなまってしまい取り戻すのに数日要するという話もありますし、スポーツでも同じ事がいえると思います。
たった1日・・・と思ってさぼってしまうと他にも悪いことが起きてしまいます。数日前にやったはずなのにできない・・・。ということを繰り返すと、やってもできない、やった所で無駄だ。と思ってしまい、どんどん負の連鎖になってしまいます。
しかし、毎日復習すれば必ずしっかり覚えることができます。小学校の九九が一番身近な例ではないでしょうか。学校で習ったばかりのころは毎日計算カードで何度も練習したと思います。しかし中学生や高校生はそんなこともうしていませんよね?でも九九を聞かれたらしっかり答えることができると思います。それは他でもなく毎日復習をしたからです。
それと同じで初めはポイントや公式を見ながらでなければ解けなかった問題も、毎日繰り返すことで確実に覚えることができます。
たかが1日、されど1日。毎日欠かさず復習をして1つずつゆっくりでも確実に覚えていきましょう!

自宅学習の最新ブログ

学習をサポート

プロ家庭教師のジャンプでは、経験豊富なジャンプのプロ家庭教師が生徒さんの受験対策をサポートしています。学校に行けなくなってしまった不登校の生徒さん、学習障害や知的障害などの障害を抱えた生徒さんの自宅学習もしっかりとサポート。未来への可能性を広げるために、いまできることをプロ家庭教師と一緒に取り組んでいきましょう!また、各種専門学校入試対策、公務員試験対策など資格取得のサポートも行っています。

ページのトップへ