指導はテレビショッピング!➀

2017.3.30 | 指導方法 通販マジックプロ家庭教師

生徒さんたちに「出来そう!」「出来た!」という感覚を与えてあげることは、指導をする上でもとても大事なことです。しかし、残念ながらそれは決して簡単なことではありません。答えを教えるだけは当然ダメですし、理由を説明しながら一緒に解いていくだけでも全く足りません。では、私たちはどうしていると思いますか?そのヒントは、実はテレビの通販番組の中に隠れているんです!

通販番組を見ていると、買う気はなくても何となくその商品が買いたくなってきますよね。それは、話の展開の仕方に秘密があるんですよ!通販番組の基本的な流れは、「こんなことありますよね?」→「これを使えば解決できるんです!」→「でも〇〇が心配」→「大丈夫です!」→「お電話お待ちしています」という感じです。言い換えれば「共感」→「問題解決」→「共感」→「問題解決」→「商品購入」という流れになっているんです。この「共感」が挟まることによって「それなら買ってみてもいいかな…」という気持ちにさせられてしまうんですね。

指導も同じです。生徒さんの「難しそう」「出来なそう」という気持ちに共感しながら、「でも大丈夫だよ!」と言いながら簡単な解決策を与えることで「それなら出来そう!」という気持ちになってもらうことが出来るんです。

次回はもう少し具体的な例を交えながら、通販マジック、指導マジックを説明していきます。

 

ページのトップへ