声がけを考える④

2017.1.26 | 指導方法 褒め理論プロ家庭教師

【声がけ】シリーズももう第4弾になりました。今回は『褒め方』について考えたいと思います。

これは第3弾からの繋がりです。

せっかくこちらが発問を考えて、生徒さんをうまく答えまで誘導できて、さらに生徒さんがちゃんとやってくれたのに、褒め方がマンネリではよくありません。継続性を持たせるという意味で弱いからです。授業でこちらがしてほしいことをできるようにして、宿題で繰り返してもらう。身についたかどうかは小テストで確認する。これが家庭教師の行う業務のワンセットですよね。そして、できるようにする過程で褒めることはとても大切なことです。

さて、家庭教師における『褒める』とは何でしょうか。

やる気を出す、気分を盛り上げるというのは大前提として、以下のことが目的に含まれるべきでは!と個人的に強く思います。それはズバリ、意識させることです。褒められて嬉しくない人はいません。それが自分が頑張ったことなら尚更でしょう。結果のみではなく、個々を褒めてあげましょう。そしてそれを生徒さんの気持ちに刻んであげましょう。

この観点に立つと、軽く使いがちな『すごいね』『できたね』がどれだけ言葉足らずか、ということが分かります。何がすごくて何ができたのか、それを伝える努力を怠っているからです。

具体的には、以下のようにバリエーションができます。

◎『すごいね』

→『漢字もあるのに文字の大きさが合わせられてすごいね』

→『きちんと確認しながらやったら3問続けて当たってすごいね』

→『今日の目標だったこの問題が解けるようになってすごいね』

◎『できたね』

→『ノートの順番の通りに自分だけでできたね』

→『見直しが1人でできたね』

→『プラスとマイナスがちゃんとできたね』

一つ一つを褒めているので、最後が同じ言葉でも構いません。たくさん褒めてあげられます。

褒めることそのものに語彙力はいらないのです。

また、『すごいね』『できたね』とだけ連発していると、「すごいしできるんだから、これ以上勉強しなくていいでしょ」と切り返される可能性がありますが、この褒め方ならそれはありません。

先生が褒めたのはココとコレだから、次はこれができるようになろうね!と話すことができます。

このように、褒め方はとても大事です。でも・・・どうしても間違えちゃうこともありますよね。その時はどう言ってあげましょうか。次回は『間違いの指摘』で書いてみようと思います。

ページのトップへ